DAWN

2018年の実験 (追記:不安の解消法)

2018年末。
この記事に辿り着いた人は自分の不安について知りたいはずだ。
僕が思うに不安というのは自分の愛が信じられない状態のこと。
もっと人を愛せるようになりたいと強く思う時に不安はやってくる。
それを目先の問題に置き換えて解決しようとしても決してなくならない。
むしろ強調されるように感じるだろう。
特に寒くなると一層強く感じるのではないだろうか。
つまり、これから自分の愛が拡張する前兆にあるのだ。
言い方を変えると、今よりさらに強い愛が未来の自分を待っている。
今プレッシャーに感じていることはないだろうか?
その時はよく思い出してほしい。
自分がこれまで何に生きてきたのか。
仕事や家庭ではなく、自分の感性のことだ。
そして、その感性が発揮できなかった”恥ずかしかった瞬間”を思い出すことだ。
感性が発揮できずに凹んだことや怒ったことは既に解決しているので振り返す必要はない。
恥ずかしかった瞬間がこそが未解決問題なのだ。
認めたくなくて意地になって正当化しても寒さが増す一方だが、認めてしまった瞬間に体が暖かくなる。
そしてなぜか笑ってしまうのだ。
そのあとが重要だ。
不思議なことに、その恥ずかしかったことがあって本当に良かったと思える出来事がやってくる。
これを繰り返せば日々嬉し嬉の連続で、しかも体温まで上がる。
愛を拡張する度にギフトはやってくる。
犬は喜び庭駆け回り、猫はコタツで丸くなる。
冬はそういう季節。春を喜んで待つ。
これでいいのだ!