DAWN

DAWN見聞録

数字の性質
0=無(何もない)
1=存在(誰もいないから自分がいることもわからないが、居る。)
2=存在の認識(2人になったから自分が居ることがわかる。)
3=存在の共有(3人になったからその場にいない1人のことを思い浮かべることができる。)
4=共同体の認識(4人になったからその場にいない2人のことを思い浮かべることができる。)
5=共同体の共有(スラムダンクみたいな感じ。みんなちがってみんないい。)
6=陰陽の分裂(陰気と陽気に別れて、それぞれが違うものだと考える。)
7=陰陽の共有(陰気も陽気も同じだと思いながら、自分をどちらかに置く。)
8=陰陽の統合(陰陽が完全に同じ。みんな最初は同じだったじゃないか!)
9=星の意識(陰陽言ってられるのも地球に生まれたおかげだネ!)
10=宇宙(そもそも全てが宇宙でしょう。1=在 0=無 の共存。)

お金は6ベースで作られている。
数字は言語。常にあなたを写す。